Home > リフォーム済みの中古住宅を選ぶメリットの解説

リフォーム済みの中古住宅を選ぶメリットの解説

住宅を購入するとき、選択肢としてあがるのが新築と中古です。

さらに中古の場合、物件概要に「リフォーム済み」と記載されていることがあります。

それでは、リフォームされている住宅には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

そこで、リフォーム済みの中古物件について、その概要と注意点を解説します。

 

・リフォーム済みの中古住宅を選ぶメリット①:概要

ここではまず、リフォーム済の中古物件の概要やメリットをまとめます。

リフォーム済みの中古住宅とは、まえに住んでいた人あるいは不動産会社がリフォームしてから売りに出した物件のことです。

壁紙やフローリングを張り替え、きれいな内装になっていることが特徴です。

また、洗面台、浴室、台所などの設備が交換されていれば、新品の状態で使えることもメリットです。

また、外壁を塗り替えている中古住宅は、新築のような見た目であることも少なくありません。

リフォーム済みであれば、あとで工事をする必要がないため、追加の費用はありません。

そのため、購入計画が立てやすいこともメリットと言えるでしょう。

購入のための予算が限られている場合は、物件概要に「リフォーム済み」と記載されている住宅も選択肢のひとつになります。

 

・リフォーム済みの中古住宅を選ぶメリット②:選び方

リフォーム済の中古住宅は、見た目がきれいになっている分、実際の建物の状況が分かりにくくなります。

そのため、見た目だけではなく、建物の内部の状況を把握したうえで、物件を選ぶようにしましょう。

選び方のポイントとなるのが、どこをどのようにリフォームしたのか、担当者にしっかり確認すること。

中古住宅によっては、リフォーム前とリフォーム後など、工事の過程の記録が残されていますので、不動産会社に問い合わせてみましょう。

もうひとつの選び方のポイントが耐震基準を目安にすることです。

1981年6月よりもまえに建てられた住宅は、現在の耐震基準を満たしていない可能性があります。

外見はリフォーム済みであっても、耐震基準を満たしていなければ、あとで追加工事の費用が発生するため注意が必要です。

とはいえ、中古住宅の内部までチェックすることは難しいでしょう。

そこで、ホームインスペクションを利用することも一案です。

ホームインスペクションとは、住宅診断士が客観的に住宅の状況を点検すること。

中古住宅がどのくらい劣化しているのか、欠陥はあるのか、改修の必要性はあるのか、その場合、どのくらいの費用がかかるのか、総合的に診断します。

専門家の助言を仰ぎつつ、内見を何度かおこなうなど、購入したあとに問題が発覚しないような選び方をしましょう。

 

・まとめ

リフォーム済みの中古住宅は、新築よりも安い価格で、きれいな家に住めることがメリットです。

ただ、内部の劣化が見えにくいため、選び方を押さえたうえで、購入を決めるようにしましょう。

福島市でマイホーム購入するなら、ホームインスペクションも出来る、株式会社マルフォートにお任せください。

 

Home > ブログ > リフォーム済みの中古住宅を選ぶメリットの解説