Home > 新築戸建てを購入するメリット・デメリットを紹介します!

新築戸建てを購入するメリット・デメリットを紹介します!

新築戸建ては、誰もまだ住んでいないという点で満足度が高いメリットがあります。

この他にも新しい住宅ならではのメリット・デメリットや、中古戸建てと比較した注意点を紹介します。

新築戸建て

新築戸建てのメリット・デメリットとは

・最新の設備が導入されている

キッチンやユニットバスなど水回りの設備や、建築素材は常に新しいものが開発されています。

そのため新築物件なら、新しく高機能な設備が導入されていることが多いです。

建売住宅であっても、建築途中なら設備のグレードなど希望を取り入れてもらえる場合があります。

・税制上の優遇がある

新築戸建ては、税制上の優遇措置があります。

住宅ローン控除や登録免許税、不動産取得税で優遇措置を受けることができます。

中古でも一定の条件を満たしていれば受けられますが、新築の方がより有利な優遇措置を受けられるメリットがあります。

・購入できるエリアが限られている

一等地のような利便性の高いエリアはすでに建物があるので、新たに戸建てが売り出される可能性が低いです。

郊外の新興住宅地がメインになるため、購入希望エリアでは物件が見つからないことがあります。

・取得コストが高い

新築戸建ては売り出し価格が高いです。

またエアコンや照明器具は別途で購入しなければならないため、住み始めまでにかかるコストが高くなるデメリットがあります。

新築戸建てにはない中古戸建てのメリット・デメリットとは

新築戸建てとよく比較されるのが、中古戸建てです。

こちらにも新築にはないメリットや注意点があります。

・価格が安い

中古戸建てには販売にかかる経費が少ないため、新築よりも割安です。

エアコンなどの付帯設備がすでにある場合も珍しくなく、初期費用を抑えることができます。

また個人が売主の場合、消費税が課税されません。

中古住宅の多くが個人間売買なので、不動産会社への仲介手数料はかかるもののトータルでは安く購入することが可能です。

・維持費が割高

中古戸建ては設備の経年劣化や故障が発生しやすく、維持費が割高になります。

また売買に際しての瑕疵担保期間が短いか免責事項が多いため、購入前から発生したと思われる不具合も自費で修繕しなければならないことがあります。

しかし適切にメンテナンスされていた建物なら、築年数が経ってもしっかりしているので、すべての建物が新築より劣るわけではありません。

まとめ

新築戸建てを購入するメリット・デメリットを紹介しました。

中古物件と比較すると、どちらにも長所と短所があります。

マイホームに求める要素や予算を検討しつつ、自身のライフスタイルに合うものを選んでください。

私たち株式会社マルフォートは、建築士のいる不動産会社です。

ふくしまの住まいと不動産について、さまざまなご要望にお応えしますので、お気軽にお問い合わせください。

Home > ブログ > 新築戸建てを購入するメリット・デメリットを紹介します!