Home > マンションから一戸建てに住み替えるには?メリットとデメリットを解説

マンションから一戸建てに住み替えるには?メリットとデメリットを解説

 2020年11月27日

子どもが成長した・家族が増えたなどライフスタイルが変わることで、マンションから一戸建てに住み替えを検討される方は多いと思います。

今回はそんな住み替えにはどんなメリットとデメリットがあるのかについて、解説していきます。

また、ローンが残っている場合の住み替えについても書いていますので、現在のマンションのローンが残っている方は参考にしてみてください。

一戸建てに住み替えるメリット

一戸建てに住み替えるメリット

マンションから一戸建てに住み替えると生活のしやすさはもちろん、出費の面でもメリットがあります。

まず生活面のメリットとしては、家族だけのプライベート空間を持つことができ、広い空間を自由に使えるようになります。

一般的には住み替え後の一戸建ての方が広く、子供部屋を用意したり趣味の部屋を用意したりとさまざまな使い方ができます。

また、基本的には上下左右に部屋があるマンションと違い隣接する家とくっついていないので、騒音問題などにもなりにくく、とくに子供のいる家庭では大きなメリットとなるでしょう。

またお金の面では、管理費を払わなくてよくなるというメリットがあります。

一戸建てに住み替えるデメリット

もちろんいいことだけではなく、デメリットもあります。

固定資産税や都市計画税などの費用が増える事で、生活水準を下げざる負えない場合もあります。

また、共用部分があり管理人が管理してくれているマンションとは違い、自分たちで防犯設備などもそろえる必要があります。

ガーデニングや家庭菜園などに憧れるという方も多いと思いますが、その分庭の手入れも必要になり、部屋が増えるということは掃除に時間がかかるということでもあります。

ローンがあっても一戸建てへ住み替えできる

基本的に住宅ローンがある状態で新しいローンを組むことはできません。

そのため、マンションのローンが残っている場合は、返済してからしか新しいローンを組めません。

しかし、ローンが残っていても住み替えは可能です。

近年住み替えを必要としている方が増えている事から、ローンが残っている状態でも住み替えが可能なフラット35というプランがあるのです。

これは、現在住んでいるマンションを賃貸として貸し出すことで、現状のローンを計算に入れずに新たなローンを組めるプランです。

しかもあくまで賃貸として貸し出しているだけなので、マンションは自分の所有のままであり、新しいローン返済額より貸し出している家賃収入の方が高ければ、副収入を得ることも可能というメリットもあります。

まとめ

ライフスタイルが変われば、住まいに求めるものも変わってきます。

しかし、住み替えにもメリット・デメリットがあります。

ご自身にはどっちが合っているのか、しっかりと考えて実行に移しましょう。

株式会社マルフォートは、一戸建て情報を多数取り扱っております。

住み替えをご検討でしたら、お気軽にお問い合わせください。

Home > ブログ | 売買 > マンションから一戸建てに住み替えるには?メリットとデメリットを解説