Home > 知らなきゃ損!住宅ローンを借り換える際の注意点について

知らなきゃ損!住宅ローンを借り換える際の注意点について

 2020年11月27日

近年、住宅ローン借り換えを検討する人が増えています。

現在利用中の住宅ローンに比べて、安い金利で借りられる銀行に借り換えたいと誰しもが思うでしょう。

しかし、すべての世帯に当てはまるわけではなく損をする場合もありますので、住宅ローンを借り換えるときの注意点をご紹介します。

住宅ローン借り換え時の流れと費用

住宅ローン借り換え時の流れと費用

借り換え先を決めて審査に通り新しい銀行で資金を調達したら、過去の借入先に一括返済して、新しい銀行でまた返済を始めるという流れです。

借り換えに必要な諸費用は、保証料・事務手数料・団信保険料その他に登録費用などがあります。

銀行によってコストのかかる保険料が無料の住宅ローンもなどもあり、借り換え費用に大きな差があるので、慎重に選ぶことが大切です。

住宅ローン借り換えのメリットの例をあげると、3,000万の物件を所有している世帯が金利差1.0%の銀行に借り換えをすると、約600万円も利息が安くなる場合があるからです。

ですが注意点として、住宅ローンの返済残額が1,000万円未満・残りの返済期間が10年以下の方は、借り換え時に必要な諸費用を合わせると結果的に損をしてしまう可能性があるので、そのまま借り換えしないことをおすすめします。

住宅ローン借り換えのタイミングはいつがいいか

住宅ローンを借り換えるタイミングは、主に以下のタイミングがあります。

・当初住宅ローンを借り入れた時よりも0.3%以上金利が下がっている時

 

・住宅ローンを借り入れている方の働き方やライフスタイルに変化があった時

 

・収入や支出に増減があった時

なお融資銀行ごの借り換えは、融資銀行ごとに違った特徴があり、ただ安いというだけでなくどれが自分に一番合っているかを考えて慎重に検討することが大事です。

ほとんどの銀行ローンのサイトで、簡単に無料見積してくれるシステムあるので、活用して他社と比較してみてください。

金利の安さだけでなく、契約をした銀行グループでの買い物がお得になる実用的で利用する頻度やニーズによって便利なものもあります。

指定された病気にかかった時に返済額が0になるという、疾病保障無料つきの団信保障は近年取り入れられていて人気です。

繰り上げ返済が出来るか、簡単なのかというのも選ぶ際の注意点といえます。

変動金利では、金利の高いタイミングで多く返済をしてしまうと損をしてしまいますが、毎月の返済額以上を多く支払った分残りの返済期間が減る、もしくは毎月の返済額が少なくなるという大きなメリットがあります。

まとめ

以上、住宅ローン借り換え時の流れと注意点をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

住宅ローンの借り換えは各世帯によってメリットとなるポイントが異なるので、融資を受ける銀行の特色をしっかり調べて暮らしにあった条件に借り換えることが重要です。

株式会社マルフォートでは、福島市、伊達市、郡山市の不動産をご紹介しております。

不動産の事で何かご質問などがあれば、お気軽にご相談下さい

Home > ブログ | 売買 > 知らなきゃ損!住宅ローンを借り換える際の注意点について