Home > 計画的に行動しよう!マンションを売却する一連の流れをご紹介

計画的に行動しよう!マンションを売却する一連の流れをご紹介

マイホームをお持ちの子育て世帯のみなさま。

お子様が大きくなると部屋数が必要になり、家が手狭になってしまったから引っ越したいと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

物件探しと契約は、今お住まいのマンションを購入する際に経験していると思いますが、売却は初めてという方も多いと思います。

不動産を手放す際も、購入と同じくしっかりと計画を立てることが大切です。

そこで今回は、マンションを売却する一連の流れをご紹介いたします。

マンションを売却

マンションを売却する流れ①価格調査

まずは所有する不動産がいくら位で売れるのかを確認する必要があります。

インターネットの物件情報サイトは、お住まいの地域周辺物件の情報を気軽に調べることができます。

しかし、記載されている価格のままで売れるとは限らないので、鵜呑みにしないように気を付けましょう。

続いて、不動産会社に所有する不動産の査定をしてもらいます。

不動産の査定依頼方法には、複数の不動産会社に一括でお願いする「一括査定」と呼ばれる方法があります。

一括査定は、複数の会社に査定を依頼することで、大体の目安となる価格が分かる便利さがあるものの、一つご注意いただきたい点があります。

それは、「一番高い査定額を提示してくれたところ=その金額どおりで売れる」ではないことです。

相場より高い金額で売り出すと、買い手からは敬遠されてしまい、気付けば当初の予定より売却期間が延びている…なんてことになりかねません。

そうなると値下げしなくてはならず、結局当初の希望額より安い価格で売ることになる可能性もあります。

不動産を売る以上、「少しでも高く売りたい」と思うのは自然なことですが、欲を出し過ぎず適正な売り出し価格を見極めましょう。

マンションを売却する流れ②売り出し価格の設定と不動産業者の選定

売り出し価格は不動産会社が提示した査定価格にしなければならないという決まりはありません。

つまり、複数の査定額を出してもらった上で、自分で価格を決めることができるのです。

販売時期やアピールポイントなどを考え、不動産会社と相談しながら決めると良いでしょう。

不動産会社は1社にしか依頼できない「専任媒介」「専属専任媒介」か、複数の会社に依頼できる「一般媒介」という方法があります。

いずれもメリット・デメリットがあるので、どの方法で依頼するのが良いか、しっかり検討しましょう。

マンションを売却する流れ③売却活動・契約・引き渡し

価格と会社を決めたらいよいよ売却活動です。

いつ内見者が来ても対応できるよう住宅は綺麗に掃除を行い、既に空き家になっている場合も定期的に清掃を行いましょう。

購入希望者は契約前に値下げ交渉を行うことがあります。

もし予測を下回る値下げを要求された場合は、当初の予定価格と希望価格の間くらいの価格を提示して、様子を窺うという方法もあります。

大幅な値下げに応じる必要があるかはその時の状況次第ですが、数十万円の交渉には応じられるような価格設定をしておくと良いでしょう。

意見をすり合わせてお互いの条件に納得したら、いよいよ契約です。

買主から手付金を受け取り、お世話になった不動産会社に仲介手数料を支払いましょう。

不動産の鍵を買主に引き渡したら完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はマンションを売却する一連の流れをご紹介いたしました。

不動産の査定は複数の会社に依頼し、相場を理解しておくことが大切です。

自ら主体的に動き、スムーズに且つなるべく高値での売却を目指しましょう。

私たち株式会社マルフォートは、福島の不動産情報を多数取り扱っておりますので、何かご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

Home > ブログ | 売買 > 計画的に行動しよう!マンションを売却する一連の流れをご紹介