Home > 20代でも新築購入できる?頭金って必ず必要?

20代でも新築購入できる?頭金って必ず必要?

 2020年11月27日

マイホームを購入するには一般的に頭金が必要ですが、20代で購入を検討する場合はまとまった額の頭金の用意は難しいですよね。

また、マイホームの住宅ローンの返済計画や借入可能額も、頭金がどのくらい用意できるかによって異なります。

今回は、20代で新築購入を検討されている方に向けて、頭金とは何か、マイホームの頭金って必ず必要なのか解説します。

20代でも新築購入できる?新築購入の頭金とは

20代でも新築購入できる?

頭金とは、住宅価格から住宅ローンを差し引いた金額のことで、マイホームを購入するときに現金で支払う部分のお金のことです。

自身の貯金や、両親からの贈与など住宅ローン借入以外に購入費用として現金で用意するお金のことで、頭金の支払いは売買契約から引き渡しの間に行います。

頭金は一般的には物件価格の2割程度が妥当と言われています。

頭金を多く用意することで、月々のローン返済額や返済期間が減ることや、住宅ローンの利息が少なくて済むというメリットがあります。

住宅ローンの借入可能額も増えるので、購入できる住宅の選択肢も増えます。

20代でも新築購入できる?頭金なしでも住宅購入は可能?

頭金なしでの新築購入は、結論から言うと可能です。

20代だからこそ、ローンの返済期間を長く設定できることから頭金がなくでも無理の無い返済計画を立てることができます。

頭金を貯めるために、いつまでたっても住宅購入に踏み切れない間に、希望の物件や土地の値上がりや、金利上昇のリスクもあります。

頭金を貯めた方がトータルの支払い額が減りますが、頭金を貯めている期間の家賃総額の方が高くなる場合は早めに購入に踏み切った方が良いでしょう。

また、頭金なしで住宅ローンをフルで借りることで住宅ローン控除額が多く受けられるというメリットもあります。

住宅ローン控除は、借入当初から10年間の年末の住宅ローン残高から計算されるため借入額が多い方が控除をたくさん受けることができます。

しかし要注意なのが、頭金なしとは言っても初期費用が全くかからないというわけではありません。

初期費用は手付金、仲介手数料、登記費用、ローン保証料、火災保険料など購入価格の3~7%程度のものまとまった費用が必要になります。

さらに、引越し費用やカーテンや家具家電など購入するための費用が必要です。

このようにまとまった初期費用を用意するためには、ある程度の手持ちの現金が必要です。

また頭金が用意できない場合は、ローン返済能力が低いと判断され、ローン審査が通りにくいということもあります。

まとめ

今回は、20代で新築購入を検討されている方に向けて、頭金とは何か、マイホームの頭金って必ず必要なのか解説しました。

20代での新築購入であればローン返済期間を長くとることができるので、頭金なしでも新築購入が可能です。

頭金なしの場合のメリットデメリットを考慮して、無理の無い借入額を検討しましょう。

福島市の住まいや不動産に関するお悩みなら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産売却に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

Home > ブログ | 住宅 > 20代でも新築購入できる?頭金って必ず必要?