Home > 住宅のスペースを有効活用!大注目のファミリークローゼットとは?!

住宅のスペースを有効活用!大注目のファミリークローゼットとは?!

 2020年11月27日

最近の新築住宅の傾向として、間取りに生活動線を意識したものが増えています。

生活動線を意識した間取りは家事がしやすく、時短にもなるため生活がよりよいものとなります。

この記事では、住宅のスペースを有効活躍できると噂のファミリークローゼットについて特集しました!

ぜひ、ご参考になさってください。

住宅のスペースを有効活用!ファミリークローゼットとは?

住宅のスペースを有効活用!

まず、「ファミリークローゼット」とは、その名の通り家族全員の衣類を同じスペースにおく収納の形です。

家族全員分の衣類となるので、住宅の一部に広いスペースが必要ですが、その分各部屋の間取りを広くすることができます。

ファミリークローゼットの設置場所によっては、洗濯物を干してから家族分の衣類の収納をまとめてできて家事が効率的です。

また、同じスペースで着替えなども行えるため時短にもなります。

ファミリークローゼットは、「ウォークインクローゼット」と「ウォークスルークローゼット」の2種類に分けられます。

それぞれメリット・デメリットがありますが、ここでは概要のみご説明いたします。

<ウォークインクローゼットとは?>

「ウォークインクローゼット」は、出入り口が一つで個室のようになっている収納スペースです。

収納力が高くなり、広さによっては衣類だけではなくカバンや帽子などの小物も置ければ片付けも楽です。

<ウォークスルークローゼットとは?>

「ウォークスルークローゼット」は、出入り口が二つありとても風通しがよい収納スペースです。

人が通るため、ウォークインクローゼットよりは収納力が落ちますが、より効率的な動線を作ることができます。

住宅のスペースを有効活用!ファミリークローゼットのメリット・デメリット

ここでは住宅内にファミリークローゼットを設ける具体的なメリット・デメリットをご紹介します!

<メリット>

ファミリークローゼットのメリットは、やはり家事の効率化ができることでしょう。

家族の衣類が同じスペースにあれば、洗濯物を各部屋に配る必要がなくなり、一度に片づけられます。

また、洗面脱衣所の近くに設置をすれば、外出の際の着替えも楽で時短になります。

住宅にファミリークローゼットを設けると、個々の部屋は広くなるため用途に合わせてスペースを有効活用できます。

<デメリット>

ファミリークローゼットのデメリットは、家族全員分の衣類を収納するための広いスペースが必要になることです。

また、着替えや衣類の収納を家族と一緒にすることを嫌がるお子さんもいます。

特に女の子の場合は成長し思春期になることを考え、鍵をかけられるようにする配慮も必要です。

そして、洗面脱衣所の近くに設置した場合、便利な半面湿気もこもりやすいため、換気を行うなどカビやダニの対策が必要です。

まとめ

最近は共働き世帯が多いため、家事の効率化や時短を求める声は増えています。

住宅の新しい間取りであるファミリークローゼットもその有効な手段の一つです。

マイホームの間取りや収納にお悩みでしたら、検討してみませんか?

福島市の不動産に関するお悩みなら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産売却に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

Home > ブログ | 住宅 > 住宅のスペースを有効活用!大注目のファミリークローゼットとは?!