Home > マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて

マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて

 2020年11月27日

マイホーム購入って憧れますよね。

ですが家ってとても高いです。

そのため、ほとんどの場合住宅ローンを組むと思います。

家を買うときにはローンのほかにも頭金が必要という話を聞くけれど、どのくらい必要なのかっていまいちわからないですよね。

そこで今回はマイホーム購入における年収と住宅ローン、頭金の関係について解説していきます。

マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて 一般的な場合

マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて 一般的な場合

<どのくらいの価格の家が買えるのか>

一般的にマイホーム購入にかけられる予算は、用意できる頭金の金額と年収から算出された住宅ローンの借り入れ可能な金額の合計によって算出されます。

つまり、(頭金+借りられた住宅ローン)ということです。

ですので、頭金をたくさん支払うことが可能である場合や、住宅ローンを高く設定できる人などは高い家を買うことができるということです。

<頭金はどれくらい必要なのか>

頭金っていったいどのくらい用意すればいいのかという話です。

頭金はたくさん用意した方が、その後の住宅ローンの返済が楽になるので多く用意していた方がいいです。

しかし一般的には住宅価格の1~2割を頭金として用意している場合が多いです。

<貯金を頭金に回すと危険>

頭金を多めに用意すると住宅ローンの返済が楽になることをお話ししました。

しかし、頭金を多めに用意するために貯金をすべて頭金に回してしまうと危険です。

なぜなら、病気になってしまったり、冷蔵庫が故障してしまったりなど手持ちのお金が突然必要になる場合があります。

将来的に必要かもしれない費用を頭金として使ってしまってはいざという時に困る危険性があるので、貯蓄もある程度残しておきましょう。

マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて 頭金が必要ない場合

頭金を用意してから家を買うことが一般的ではあります。

しかし、頭金をためることって大変ですよね。

いつたまるのかも分かりません。

頭金を用意しなくてもマイホームを購入できる方法があるのです。

<フルローン>

頭金も含めて借りることができる住宅ローンです。

物件価格の100%を金融機関から融資で調達するということですね。

マイホームの評価を銀行がして、ローンを組んでくれます。

つまり、マイホームが担保として認められれば貸してくれます。

ですので、まとまった頭金を用意しなくてもマイホームを手に入れることができるのです。

住宅ローンの返済が大変にはなりますが、その分まとまったお金を出さなくていいので少し気楽に家を買うことができますよ。

まとめ

家を買うときには頭金が一般的には必要だということが分かりました。

ですが家自体が担保として認められれば、住宅価格の100%をローンで組むこともでき、頭金なしで購入できます。

家を買うときは慎重に将来のことを考えて、どんな買い方をするのがいいのか選ぶといいですよね。

福島市の不動産に関するお悩みなら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産売却に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

Home > ブログ | ローンについて | 売買 > マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて