Home > 平屋と2階建てはどっちが安い?費用相場や比較ポイントまとめ

平屋と2階建てはどっちが安い?費用相場や比較ポイントまとめ

 2020年11月27日

現在の日本では2階建てを中心とした複数階建てが主流ですが、住みやすさの観点から平屋を希望する世帯も増えています。

マイホームを建てるにあたり、平屋と2階建てのどっちにするか、悩みますよね。

特にどっちが安いか、費用面は大きく気になるポイントではないでしょうか?

この記事では、平屋と2階建てのコスト面の違いや、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

マイホーム購入や設計を検討している方は是非参考にしてください。

平屋と2階建てはどっちが安い?費用相場や比較ポイントまとめ

平屋と2階建てはどっちが安い?費用相場で比較はできる?

平屋と2階建てを建てるにあたり、同じ延べ床面積で検討した場合は平屋のほうが費用相場は高い傾向にあります。

平屋のほうが広い範囲で基礎工事が必要になり、屋根も大きくなるためです。

なかには100万単位で変わってくるケースもありえます。

ただし、同じ土地の広さであれば2階建てのほうが高さがあり、階段なども必要な分、延べ床面積や外壁面積が広くなる傾向にあります。

また、間取りによっても大きく変わるため、一概にどっちが安いという費用相場は出しづらいのです。

そのため、あらゆる要素を総合的に判断して価格を比較していく必要があります。

平屋と2階建てはどっちが安い?メリット・デメリットも合わせて検討してよう

平屋と2階建てのメリット・デメリットも、費用と合わせてチェックしたいポイントです。

両者の大きな違いは、階段の有無でしょう。

平屋の場合はすべての部屋や設備が1階に集まっているので、階段による昇降が必要ありません。

これにより、家事動線が集中しているので効率的に動きやすい、というメリットがあります。

小さい子供がいる家庭や足腰に不安のある年配の方と同居する場合は、階段がないほうが安全面は高まります。

2階建ての場合は、階段の上り下りが発生する動線を踏まえたゾーニングがとても大切です。

また、階段下はデッドスペースとなるため、空いた空間をどのように活かすか、しっかり考える必要があります。

一方、スキップフロアや収納などをはじめとした、空間を活かした住まいにできるのは2階建ての大きなメリットです。

また、2世帯住宅を建てる場合はプライバシーを確保しやすいという点で、平屋より2階建てを選ぶケースが多いです。

このように、デザイン性・利便性・ライフスタイル・家族構成・土地の広さなどを総合的に考えて、2階建てと平屋をしっかり検討しましょう。

まとめ

平屋と2階建ての費用や検討ポイント、メリット・デメリットについてご紹介しました。

費用の比較だけでどっちが安いかという判断は難しく、またどちらが良いかは世帯によってさまざまです。

それぞれの費用や特徴を理解して、信頼できる建築会社とともに納得できる住まいづくりをすすめましょう。

福島市の不動産に関するご相談なら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産に関してお悩みの方は、ぜひ当社へお問合せ下さい。

Home > ブログ | 住宅 | 売買 > 平屋と2階建てはどっちが安い?費用相場や比較ポイントまとめ