Home > 一戸建ての玄関の収納を工夫して広く見せる方法!

一戸建ての玄関の収納を工夫して広く見せる方法!

一戸建てで長く暮らすうえでひとつの悩みどころとなるのが玄関の広さですね。

一戸建ての構造によっては玄関まわりの充分な広さが確保できなかったり、生活感が露わになってしまったりと、さまざまな問題点が生じてきます。

ここでは、一戸建てや賃貸で理想となる玄関の広さや収納スペースについて詳しく見ていきますので、ぜひとも参考になさってください。

一戸建てや賃貸の玄関の理想的な広さは?

一戸建てや賃貸の玄関の理想的な広さは?

一戸建てか賃貸かにかかわらず、玄関まわりの広さが充分だと収納にも便利ですし、空間全体も広々として見えます。

賃貸や一戸建てで理想ともいえる玄関まわりの広さ、収納の工夫についてお伝えしていきます。

<理想的な玄関の広さは3畳程度>

一戸建てや賃貸で理想となる玄関の広さは、一般的には3畳程度であると言われています。

これにはもちろんちゃんとした根拠があり、靴を脱ぐスペースで1畳、土間スペースで1畳、収納スペースで1畳というのが理想的だとされています。

一般的な賃貸物件の玄関スペースは1畳程度とされていますが、1畳ではどうしても収納スペースが確保できず生活感が出てしまいますし、全体として窮屈な印象になってしまいます。

<理想の広さが確保できない場合の工夫>

一戸建てや賃貸で理想となる玄関の広さは一般的に3畳程度であるとされていますが、都市部の賃貸物件ではスペースが限られていたり、構造的な問題から3畳以上の玄関スペースが確保できない場合があります。

その場合は、「空間の見せ方」を上手に工夫することによって空間そのものを見た目以上に広く見せることができます。

基本的な工夫としては、遠近法が挙げられます。

玄関から奥にむかって背の高い家具や照明を配置することによって空間が広く見せられますし、また、吹き抜けを上手に取り入れることによって空間全体を広々と演出することができます。

一戸建てや賃貸で工夫が必要になる玄関バリアフリー

収納スペースと同様、玄関まわりで必要となる工夫がバリアフリーです。

一戸建てや賃貸で必要となる玄関まわりのバリアフリーについて見ていきましょう。

<基本的なバリアフリーの工夫>

賃貸物件では玄関まわりの広さや構造があらかじめ決められているため、バリアフリーの工夫が難しい面があります。

しかし、最近では簡易に取り付けられるスロープもリーズナブルな料金で売られていますので、狭いスペースの玄関であってもバリアフリーに対応させることは充分に可能です。

一戸建てでも数十年単位のスパンで長く暮らすことになりますので、若いうちから先を見据え、バリアフリーの工夫についてシミュレーションしておくことが重要です。

まとめ

一戸建てや賃貸で必要となる玄関まわりの広さは3畳程度であると言われています。

住宅の構造上の都合から3畳のスペースが確保できない場合でも、家具の配置を工夫することで遠近法によって空間全体を広く見せることができますので、皆さんもぜひさまざまな工夫を取り入れてみましょう。

福島市の不動産と住まいに関するご相談なら、私ども株式会社マルフォートにお任せください。

また、マイホーム購入に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

Home > ブログ | 住宅 > 一戸建ての玄関の収納を工夫して広く見せる方法!