Home > 中古戸建て物件を購入する際の注意点を大公開!年代には注意

中古戸建て物件を購入する際の注意点を大公開!年代には注意

最近は魅力ある中古戸建て物件もたくさんありますよね。

しかし、物件選びの際はどこに注意をすればいいのか、複雑でわからない場合もあります。

この記事では中古戸建てを購入する際に押さえておくべき注意点を公開していますので、是非お役立てください!

中古戸建て物件を購入する際の注意点を大公開!年代には注意

中古戸建てを購入する際の注意点その一「年代」

中古戸建ての購入の場合に重要となる注意点は、その物件が建てられた「年代」です。

実は「1981年6月以降」に確認申請を受けた木造住宅物件を「新耐震基準」と言い、それまでの年代の「旧耐震基準」とは区別されています。

「旧耐震基準」は震度5強の地震に耐えられる構造で、「新耐震基準」は、震度6強~7程度の地震でも耐えられる構造です。

しかし、大きな震災では旧耐震基準では耐えきれない建物が多く、これを受け「2000年6月」に建築基準法の改正がありました。

これにより地盤調査が事実上必須となり、耐力壁のバランス配置も必須となりました。

そのため、「2000年6月以降」の年代に建築された中古戸建ては、これまでより耐震性が高いとものとなっています。

もし、それ以前の年代の物件の購入を考えている場合の注意点は、少しでも不安があるなら耐震診断を受けることと、耐震補強を行うことです。

旧耐震基準の物件なら、自治体によって耐震診断や耐震補強の費用が自治体の補助対象になっている場合があります。

しかし、新耐震基準の物件の場合は全額自己負担になる可能性が高いです。

安全や安心のために、これらの費用も考えておくといいでしょう。

中古戸建てを購入する際の注意点その二「立地」

中古戸建てに関わらず、戸建てを購入する場合に重要となるのは、資産価値そのものとなる「立地」でしょう。

しかし、立地と言っても何が評価されるのかはピンと来ない方もいらっしゃるかと思いますのでご紹介します。

①交通アクセス

中心部へのアクセスや駅・バス停など

②日常生活の利便性

スーパーやコンビニなどの買い物に便利なのか

③環境や安全性

公園や緑地があるか、治安はどうかなど

④敷地前面道路の広さや方位

上記の例は、土地を評価する際の大事なポイントですが、他にもさまざまなことが評価に関わってきます。

ご自身で判断することが難しい場合は、不動産会社のアドバイスを受けながらご家族と相談した上で判断しましょう。

まとめ

中古戸建ては年代と立地の二つの注意点があることをご説明いたしました。

確認した情報を最大限に活かし、理想の中古戸建てを見つけてみてくださいね。

福島市の不動産に関するご相談なら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産に関してお悩みの方は、ぜひ当社へお問合せ下さい。

Home > ブログ | 住宅 > 中古戸建て物件を購入する際の注意点を大公開!年代には注意