Home > 中古住宅をオール電化で選ぶメリットデメリット!特徴や注意点は?

中古住宅をオール電化で選ぶメリットデメリット!特徴や注意点は?

 2020年12月10日

近年増えているオール電化の特徴は、生活に必要なエネルギーをすべて電気でまかなえることです。

しかしオール電化はライフスタイルによって向き不向きがあるため、中古住宅を購入する場合は家のエネルギーについてもじっくり検討する必要があります。

今回解説するオール電化のメリットデメリットや注意点を、中古住宅購入の際にぜひ役立ててくださいね。

オール電化のイメージ画像

中古住宅購入時に検討したいオール電化の特徴とメリット

オール電化の住宅では、家で消費するエネルギーがすべて電気でまかなわれています。

IHクッキングヒーターやエコキュートなどの機器を使ってエネルギーを供給するオール電化のおもなメリットは、以下の通りです。

・安全性が高い

・災害時の復旧が早い

・キッチンのお手入れが楽

ガスを使わないので火災やガス漏れなどの危険性が少なく、子どもや高齢者がキッチンを使う際も安心できるでしょう。

災害時にダメージを受ける恐れがあるライフライン(ガス・水道・電気)のなかでは電気がもっとも復旧しやすいため、緊急時のライフライン確保にも役立ちます。

万が一水道が止まってしまっても、エコキュートの貯水によって非常用水を大量に備えられる点もメリットとなります。

またキッチンの熱源がIHクッキングヒーターになるので、サッと拭き取るだけでお掃除できて便利です。

キッチンの掃除は家事のなかでも特に面倒なもののひとつなので、忙しい共働き世帯の救世主になるかもしれません。

中古住宅購入時に検討したいオール電化の注意点とデメリット

オール電化の最大の注意点は、日中の電気代が高くなりやすいことです。

夜間の安い電力を使って湯沸かしなどをすると光熱費をある程度抑えられますが、電気を利用する時間帯には注意しましょう。

続いてオール電化のデメリットをみていきます。

・初期費用が高い

・調理器具に制限がでる

・エコキュートの騒音

ガスコンロやガス給湯器などと比べて初期費用が高くなりがちなことが、大きなデメリットとなります。

調理器具はIH対応でなければ使用できないので、それまで使っていた調理器具を買い替えなければならないこともあります。

また、エコキュートのヒートポンプユニットから熱を発生させるための作動音が発生します。

機種や設置場所などにもよりますが、エコキュートの音が気になる人もいるようです。

まとめ

中古住宅を購入する際は、オール電化の特徴やメリットデメリットを把握したうえでライフスタイルに適した住宅エネルギーを選びましょう。

どこに焦点をあてるかで良し悪しは異なるので、具体的な生活をイメージしながらオール電化を取り入れるかどうか検討してくださいね。

福島市の不動産と住まいに関するご相談なら、私ども株式会社マルフォートにお任せください。

また、マイホーム購入に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

Home > ブログ | 住宅 > 中古住宅をオール電化で選ぶメリットデメリット!特徴や注意点は?