Home > マイホームの階段はどんな種類がいい?メリットデメリットを解説!

マイホームの階段はどんな種類がいい?メリットデメリットを解説!

 2020年12月17日

2階建て以上のマイホームを設計するうえで意識すべきなのが階段の配置です。

一般的なマイホームに設置できる階段にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴が異なるため慎重にシミュレーションしておく必要があります。

ここでは、マイホームに配置できる階段の種類とメリットデメリットについて見ていきましょう。

マイホームに設置する階段の種類と最適な間取りとは?

2階建て以上の一戸建て住宅では、エレベータを設置できなければ階段を設置する必要があります。

ここでは、間取りを考慮した階段の配置方法とメリットデメリットについて詳しく見ていきましょう。

<間取りを考慮した配置を心がけよう>

一戸建てに階段を配置する場合、間取りとの関係性を考慮する必要があります。

オーソドックスな配置パターンとしては、壁面に沿って設けるパターンがあります。

見た目としても非常にシンプルですし、無駄なスペースをほとんど取らないというメリットがあります。

部屋の中央に配置すると、機能的である以上に空間全体のアクセントとして活用することができます。

プライバシーを重視したいのであれば、部屋の隅のほうに配置するのがおすすめです。

スペースの節約にもなりますし、外部からもさほど目立たないため、来客の多い家でも生活空間とのバランスを取ることができます。

マイホームに配置できる階段の種類をメリットデメリットから分析!

直線、螺旋、折り返しと、一般的な一戸建て住宅で配置できる階段の種類とそれぞれのメリットデメリットについて見ていきましょう。

<間取りとの調和を考える>

直線タイプは、最も少ないスペースで設置できる種類です。

見た目にもすっきりとして見えますが、踊り場部分がないため、転落時の被害が大きくなりやすいというデメリットがあります。

デザイン性を重視するなら折り返しタイプがおすすめです。

踊り場をもうけられるため、万が一転落をしても最小限の被害でおさえられるというメリットがあります。

一方、デメリットとしては、構造がやや複雑なため、大がかりな荷物を搬入する際に苦労しやすい、という点が挙げられます。

西洋風の趣漂う螺旋タイプは、かぎられたスペースの中でも無理なく設置できる点がおすすめです、

ただ、踏む部分の面積がどうしても少なくなるため、安全性には充分な注意が必要です。

まとめ

マイホーム購入にあたっては、階段の利便性も重要な要素です。

それぞれの種類ごとにメリットデメリットが異なりますので、特徴とライフスタイルを検討したうえで使いやすいタイプを選ぶ必要があります。

福島市の不動産と住まいに関するご相談なら、私ども株式会社マルフォートにお任せください。

また、マイホーム購入に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

Home > ブログ | 住宅 > マイホームの階段はどんな種類がいい?メリットデメリットを解説!