Home > 新築一戸建てコンセントやスイッチの配置はどこがいいの?注意点も解説

新築一戸建てコンセントやスイッチの配置はどこがいいの?注意点も解説

 2020年12月17日

新築一戸建て住宅を購入する際に必ず決めなくてはいけないコンセントの配置。

コンセントやスイッチの数や配置というのは意外にも重要なポイントで、家族人数や家族のライフスタイルに合わせて決める必要があります。

この記事では、新築一戸建て住宅をこれから建てる方に向けて適切なコンセントの数や配置についてご紹介します。

生活に関わってくる大切なポイントですので、是非参考にしてみてくださいね。

一戸建てコンセントスイッチ

新築一戸建てコンセントやスイッチの高さ 家電別に解説

新築一戸建てを建てる際に必ず決めなくてはいけないコンセントやスイッチの場所。

ここでは、場所や使用する家電別に最適なコンセントの高さや数についてご紹介します。

 

<コンセントやスイッチの高さや数>

コンセントやスイッチの高さや数は、使う家電によって異なります。

一般的なコンセントの高さは床から25cmとされていますが、もちろんそれは家電を必要としない場所での場合。

たとえば、エアコンを使う場所であれば、床から180cm程度が理想。

ほかにも、洗濯機を使う場所なら床から105cm、勉強机を使う場所なら床から80cm、掃除機を使う場所なら30cmなどなど。

また、スイッチは床から110cmほどが良いとされています。

このほかにも炊飯器やテレビなどさまざまな家電があるでしょう。

家電によって適切な高さは変わるため、使い勝手の良い高さに設置する必要があるのです。

新築一戸建てコンセントやスイッチの配置のポイント!

つづいて、コンセント配置で失敗しないためのポイントや、見落としがちなポイントなどについてご紹介します。

 

<コンセントやスイッチの配置のポイント>

コンセントやスイッチなどの配置は、実際にその家で住むことをイメージしながら考えることが大切です。

といっても、この部屋はあまり使わないから1個だけでいいか~と思って造り、実際に住んでみるとコンセントが足りない!もっと作っておけばよかった!ということになってしまう場合も少なくありません。

そのため、イメージしたコンセントの数よりも少し多めにコンセントを作っておくと失敗する確率も減るのでオススメです。

6畳程度の部屋であればコンセントの数は3個程度、8畳の部屋で4個、10畳の部屋で5個が一つの目安となるので、是非参考にしてみてください。

まとめ

新築一戸建てでのコンセントやスイッチの配置のコツについてご紹介しました。

コンセントやスイッチは、実際に住むことをイメージして設計していきましょう。

後悔しないためにも、しっかりと家具の配置を決めるとおのづとコンセントの配置も決まってきますので家具の配置も設計の段階から計画することがポイントです。

福島市の不動産と住まいに関するご相談なら、私ども株式会社マルフォートにお任せください。

また、マイホーム購入に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

Home > ブログ | 住宅 > 新築一戸建てコンセントやスイッチの配置はどこがいいの?注意点も解説