Home > 不動産売却は仲介がよい?買取がよい?

不動産売却は仲介がよい?買取がよい?

不動産売却には、仲介と買取の2種類の方法があります。

今回は、それぞれの売却方法の違いと、ポイントについてまとめてみました。

不動産売却のイメージ画像

不動産売却は仲介がよい?買取がよい?:仲介と買取の違い

不動産売却を仲介で行う場合には、不動産仲介会社と媒介契約を結ぶことによって、不動産売却を委任することになります。

依頼をされた不動産仲介会社は、自社がもっている不動産購入希望の情報や、来店するお客様とのマッチング、インターネットへの広告や物件データベースへの登録を代行してくれます。

なお、媒介契約には種類が一般、専任、専属専任と3種類あり、仲介契約としての効力がそれぞれ異なります。

一般媒介契約は複数社に対して契約を結べますが、専属専任は1社としか結ぶことはできず、売主自らが買主を見つけたとしても、仲介手数料を支払わなければならないなど、契約の内容に差があるのです。

そして、仲介の結果、不動産の購入希望者が見つかると、あなたと売主との間に調整役として入り、契約手続きや条件交渉の折衝などを行ってくれます。

一方で、買取の場合は、売主の相手は不動産会社です。

広告などを出しながら買主を探してマッチングさせるという期間が無いのが大きな違いで、売却された不動産は不動産会社が自社の保有する物件として、個別に買主を探すことになります。

不動産売却は仲介がよい?買取がよい?:注目すべきポイント

仲介と買取にはそれぞれに注目すべきポイントがあり、ポイントごとにメリットとデメリットが異なります。

注目すべきポイントは、売却の期間と売却の価格、売却にかかる費用の3つです。

まず、売却の期間については、買主を見つけるまでの時間がかからないという面で、買取の大きなメリットであり、仲介にとってはデメリットとなります。

特に、仲介の相手は買主が個人であるため、住宅ローンが通らずに途中で契約が頓挫するなど、さまざまな不安定要素がありますが、不動産会社相手の買取であればそのような心配はありません。

続いて、売却の価格ですが、仲介の場合、値引き交渉はあったとしても、相場価格で取引が行われますが、買取の場合は相場価格よりも安く取引されることが多いといえます。

買取は確実に買ってもらえる反面、売値が安いというデメリットがあるといえるでしょう。

そして売却にかかる費用ですが、仲介の場合は仲介手数料として売買価格の3%に6万円を加えた金額を支払う必要があります。

2,000万円でマイホームを売却した場合、仲介手数料として66万円の支払いが必要ですが、買取の場合は必要がありません。

まとめ

不動産売却については、スピードの早い買取と、希望価格で売却しやすい仲介の2通りがあります。

どちらの方法が良いかは一長一短であるため、自身の状況に応じて判断するべきといえるでしょう。

福島市エリアで不動産売却や不動産相続についてお悩みや相談したいことがある際には、株式会社マルフォートへ是非お問い合わせ下さい!

Home > ブログ | 売買 > 不動産売却は仲介がよい?買取がよい?