ホーム > 不動産の手続きに関すること

不動産の手続きに関すること

不動産売却のときは要注意!銀行の抵当権とは?

「抵当権」という権利をご存知でしょうか?

不動産を購入した際、住宅ローンなどを組んだ方は説明があったかもしれませんが、多くの方はうっすらとしか覚えていないと思います。

不動産売却をする際には、重要になってくる抵当権について、 改めてここでおさらいをしておきましょう。

不動産売却に影響あり!抵当権とはどんな権利?

不動産売却のときは要注意!銀行の抵当権とは?

抵当権とは、住宅ローンなど借り入れを起こして不動産を購入した時に、不動産に付加される銀行や保証会社など金融機関の権利です。

万が一ローンの支払いが滞り、支払いをしてもらえない時などに、抵当権を実行して不動産を差押えし、不動産を競売などで処分できるようになります。

ローンの残高がある以上抵当権も残っていて、完済するまでは消えることはありません。

今現在の抵当権を誰が持っているかは、登記簿謄本に記載されています。

そこに載っている金額はローンを借りた当初の金額で、今現在の残債が載っているのではありません。

残債を知りたいときは、銀行から毎年郵送される残高確認書などで確認しましょう。

そして、不動産売却するときは抵当権を抹消しなくては売ることが難しく、完済する必要があります。

抵当権がついている物件を不動産売却するには

抵当権はローンを完済しなくては抹消することができず、抵当権がついた物件は、金融機関の許可がない限り所有権を移転することができません。

つまり、完済しないと不動産売却をすることができない、ということですね。

例えば、不動産売却することで、ローン残債全ての支払いが可能だったり、足りない分を現金で補填できたりする場合は、通常通り売却することが出来ます。

しかし、現金で補填できず、売却してもローンの残債を支払えない際、不動産売却が不可能かというと、そうではありません。

そういう時は、任意売却という方法で、金融機関と交渉をもち、残債を残しつつ売却をする方法があります。

任意売却は必ず出来るというわけではなく、金融機関や銀行によっては受け入れられなかったり、弁護士を通じないと出来ない金融機関もあったりします。

また、交渉や段取りを知っている業者でないと任意売却は難しいため、実績のある不動産会社に任せるようにしたいですね。

まとめ

抵当権とは銀行などで住宅ローンを組んだ時に、金融機関が不動産に付加する権利です。

もしローンを支払えなくなくなった時などに抵当権で差押えられ、不動産が競売などで売却される可能性があります。

抵当権は借入を完済することで抹消することができ、付いたままでの不動産売却は難しくなります。

もし、抵当権が付いたまま売却する場合、任意売却という売却方法になりますが、その場合は専門業者に頼むようにしたいですね。

福島市の不動産に関するお悩みなら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産売却に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

ホーム > 不動産の手続きに関すること