Home > Archives > 2020-11

2020-11

マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて

マイホーム購入って憧れますよね。

ですが家ってとても高いです。

そのため、ほとんどの場合住宅ローンを組むと思います。

家を買うときにはローンのほかにも頭金が必要という話を聞くけれど、どのくらい必要なのかっていまいちわからないですよね。

そこで今回はマイホーム購入における年収と住宅ローン、頭金の関係について解説していきます。

マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて 一般的な場合

マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて 一般的な場合

<どのくらいの価格の家が買えるのか>

一般的にマイホーム購入にかけられる予算は、用意できる頭金の金額と年収から算出された住宅ローンの借り入れ可能な金額の合計によって算出されます。

つまり、(頭金+借りられた住宅ローン)ということです。

ですので、頭金をたくさん支払うことが可能である場合や、住宅ローンを高く設定できる人などは高い家を買うことができるということです。

<頭金はどれくらい必要なのか>

頭金っていったいどのくらい用意すればいいのかという話です。

頭金はたくさん用意した方が、その後の住宅ローンの返済が楽になるので多く用意していた方がいいです。

しかし一般的には住宅価格の1~2割を頭金として用意している場合が多いです。

<貯金を頭金に回すと危険>

頭金を多めに用意すると住宅ローンの返済が楽になることをお話ししました。

しかし、頭金を多めに用意するために貯金をすべて頭金に回してしまうと危険です。

なぜなら、病気になってしまったり、冷蔵庫が故障してしまったりなど手持ちのお金が突然必要になる場合があります。

将来的に必要かもしれない費用を頭金として使ってしまってはいざという時に困る危険性があるので、貯蓄もある程度残しておきましょう。

マイホーム購入における年収から考える頭金と住宅ローンについて 頭金が必要ない場合

頭金を用意してから家を買うことが一般的ではあります。

しかし、頭金をためることって大変ですよね。

いつたまるのかも分かりません。

頭金を用意しなくてもマイホームを購入できる方法があるのです。

<フルローン>

頭金も含めて借りることができる住宅ローンです。

物件価格の100%を金融機関から融資で調達するということですね。

マイホームの評価を銀行がして、ローンを組んでくれます。

つまり、マイホームが担保として認められれば貸してくれます。

ですので、まとまった頭金を用意しなくてもマイホームを手に入れることができるのです。

住宅ローンの返済が大変にはなりますが、その分まとまったお金を出さなくていいので少し気楽に家を買うことができますよ。

まとめ

家を買うときには頭金が一般的には必要だということが分かりました。

ですが家自体が担保として認められれば、住宅価格の100%をローンで組むこともでき、頭金なしで購入できます。

家を買うときは慎重に将来のことを考えて、どんな買い方をするのがいいのか選ぶといいですよね。

福島市の不動産に関するお悩みなら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産売却に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

落ち着く空間?収納としても利用できる?小上がりのメリットとデメリットとは?

近年、マイホームにおいて注目の高まる小上がりスペース。

家づくりを検討されている方は、一度は耳にしたことのある言葉ではないでしょうか。

小上がりと聞くと、一般的には畳が敷かれた和風の落ち着く空間をイメージする人が多いと思いますが、最近では板張りタイプなど様々な小上がりがあります。

今回は、小上がりとは何なのか、またメリットとデメリットも併せてご紹介します。

落ち着く空間?収納としても利用できる?小上がりのメリットとデメリットとは?

収納も可能?マイホームの落ち着く小上がりとはどんなスペース?

住宅における小上がりとは、リビングの一部に床より一段高く設けられたスペースのことです。

飲食店で一段高い座敷の席があるお店を利用したことがあると思いますが、そちらをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

これまでの小上がりは畳敷きで和風の落ち着く雰囲気のものが大半でしたが、近年では板張りで洋風なイメージにしている家庭も増えているようです。

また、最近はDIYが流行していますが、中にはホームセンターで木材やマットなどの材料を購入して小上がりを自作したという方もいます。

収納もできるマイホームの落ち着く小上がりのメリットとは?

リビングの一部のスペースに落ち着く空間として作られることが多い小上がりですが、そのメリットをご紹介します。

・収納として利用できる……一段上がっている土台に引き出しなどを付けて収納スペースを確保することができます。

子供のおもちゃや身の回りの品などを収納すればリビングがすっきりと片付けられますね。

・子供の遊び場として利用できる……畳やジョイントマットを敷くことで、小さな子供でも安心して遊ぶスペースができます。

また、床よりも高い位置にあるのでほこりなどのごみが入り込みにくい点も小さな子供のいる家庭ではうれしいですね。

・段差部分に腰を掛けてくつろげる……一段高くなっている部分に腰を掛けてくつろぎ、落ち着くことができます。

足の悪い高齢の方がいる家庭などでは、立ち上がる際の足の負担を軽減することもできます。

収納もできるマイホームの落ち着く小上がりのデメリットとは?

収納や遊び場としての小上がりのメリットはわかりましたが、設置することで生じるデメリットもご紹介します。

・小さな子供には目を配る必要がある……子供の遊び場として利用できるメリットがある一方で、段差がある分落下や転倒などの可能性もあります。

小さな子供を遊ばせる場合は柵などを設置して安全対策をしましょう。

・バリアフリーには向かない……床よりも一段高い小上がりは、家全体をバリアフリーにしたい方や車いすの方がいる家庭には向いていません。

・お掃除ロボットが使えない……お掃除ロボットが使えないので、リビングとは別に小上がりをお掃除する必要があります。

まとめ

小上がりのメリットとデメリットを解説しました。

小上がりの設置を検討している方は自分の生活スタイルをイメージしてみて、収納もうまく使える日常の空間をワンアップさせてみてはいかがでしょうか?

福島市の不動産と住まいに関するご相談なら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産に関してお悩みの方は、ぜひ当社へお問合せ下さい。

子育て世帯におすすめ!動線などを考えたマイホームの間取りプランをご紹介!

子育て世帯でマイホームの購入を検討中の方にとって、家事も子育てもしやすい間取りが理想ですよね。

一度マイホームを手にした後は、間取りを変更することはなかなか難しく、間取りづくりに失敗してしまうとそれ以降の生活にストレスなどの影響を与えかねません。

そうならないためにも、今回は子育てしやすく、尚且つ家事もスムーズにこなせる、マイホームにおける間取りプランのアイデアをご紹介します。

子育て世帯におすすめ!動線などを考えたマイホームの間取りプランをご紹介!

子育て世帯におすすめ!マイホームにおける動線を考えた間取り

住宅における動線とは、日常生活の中で建物の中を人が自然に動くときに通る経路のことを言い、家事動線や回遊動線などがあります。

家事に子育てに忙しいお母さんにとって、家事動線の考えられた間取りは時間の無駄を省く大切なポイントとなります。

家事には料理、洗濯、掃除などしなければならないことがたくさんありますが、キッチンや洗面室、掃除道具の収納スペースなどがバラバラでは移動に時間がかかってしまいます。

これらのスペースをできるだけ近くに、尚且つスムーズに移動できる経路で配置できれば時間の無駄を省くことができ、その時間を子育てに使うことができるので、自分の家事のパターンを意識してそれぞれの配置を考えましょう。

また、回遊動線とは家の中を行き止まりなく一周できる動線のことを言います。

回遊動線を取り入れることで、お部屋全体の圧迫感を減らし、各部屋へ行くための経路のパターンを増やし、子供たちが自由に遊べるというメリットが生まれます。

家事動線、回遊動線を意識した間取りは家づくりの重要なポイントとも言えます。

子育ての段階に応じたマイホームにおける間取りづくり

マイホームの間取りを考える際、子供専用の部屋を作る場合がほとんどだと思います。

しかし、子供たちが小さいうちは専用の部屋は特に必要なく、成長するにつれて各自の部屋を与える家庭が多いのではないでしょうか。

子供の成長に合わせた間取りづくりとして、例えば子供が小さいうちは一つの広い部屋をみんなの寝室や遊び場として利用し、将来的にその部屋に間仕切りを作って二つの子供部屋に分割するというアイデアがあります。

また、その部屋は子供たちが独立した後は来客用や趣味の部屋など、別の用途としても使用できるのでおすすめです。

その他のアイデアとしては、リビング階段にして2階の子供部屋に行くにもリビングを通ってしか行けないようにして家族のコミュニケーションを図ったり、シューズインクローゼットを作って、子供の外での遊び道具やベビーカーの収納をできるようにしたりなどがあります。

まとめ

いかがでしたか?

一生に何度も経験することのないマイホームの購入だからこそ、間取りづくりは家族の生活パターンと子供の成長をイメージし、将来を見越した設計にすることが大切です。

福島市の不動産や住まいに関するご相談なら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産や住まいに関してお悩みの方は、ぜひ当社へお問合せ下さい。

知っておけば後悔しない!相続税対策に不動産建築を活用した方法とは!

身内が亡くなった際、遺族はただでさえ悲しみに打ちひしがれているのに、相続税が重くのしかかることがあります。

ただし、不動産を活用すれば、節税が見込めることをご存知でしょうか?

この記事では、不動産の活用による相続税の対策方法についてご紹介いたします。

是非、ご参考にしてください!

中古戸建て物件を購入する際の注意点を大公開!年代には注意

不動産活用の相続税対策方法①賃貸マンション建築

まず、相続税は現金の場合と不動産の場合とでは、相続税評価額が異なります。

現金の場合は100%ですが、土地や建物などの不動産の場合は、相続するにあたり本来の売却価格(時価)よりも相続税評価額は低くなります。

さらに、所有する土地に建物を建築した場合は、賃貸マンションにして他人に貸した方がより節税評価額が低くなるよう法律で定められています。

具体的には、節税評価額は半分以下まで下がります。

ただし、この対策方法には注意点があります。

それは、建築した賃貸マンションの相続時の経営状況です。

節税評価額が低くなる対象なのは、あくまで相続時に建築した賃貸マンションに入居者がいる場合で、全室が空き家の場合では全く適用されません。

また、いくら賃貸といっても単なる駐車場の場合は対象とならず、節税にはなりません。

<マンション購入での相続税対策方法>

ちなみに、タワーマンションの一室を購入した場合の節税評価額は、更に低くなる場合があります。

タワーマンションの高層階は高額にも関わらず、相続税評価額と売却価格の差がかなり大きくなるため、節税効果も大きいのです。

しかし、2018年以降は税制が改正し、タワーマンションの場合は固定資産税の計算が見直され、高層階ほど固定資産税が高くなりました。

そのため、タワーマンションを購入する際は、相続税評価額や固定資産税をしっかり確認しましょう。

不動産活用の相続税対策②不動産の現金化

土地そのものを相続する場合は固定資産税がつきものですよね。

そのため所有する土地に価値がなく、賃貸マンションを建築するには需要がない場合や、そもそも不要な土地である場合は、予め現金化しておくことも一つの対策方法です。

現金化は、既にご説明しました通り節税にはなりません。

しかし、生前に現金化すれば、親族への贈与もしやすくなりますし、納税準備金になります。

また、不動産を売却した現金で新しいマンションを購入したり、別の土地を購入して賃貸マンションを建築したり、資産を組み換えることで節税対策となります。

まとめ

相続は、本来自分の所有する資産を身内に残せる手段です。

しかし、その資産をどういう形で所有しておくかで、身内が相続をする際にかかる税金の金額が異なることを覚えておきましょう。

あなたの愛する身内に少しでも多く資産を残せる対策を、今のうちに考えることが大切ですよ。

福島市エリアで不動産売却や不動産についてお悩みや相談したいことがある際には株式会社マルフォートへ是非お問い合わせ下さい!

マイホームに憧れのハンモック!ハンモックとは?必要性を検証

ハンモックといえば屋外で使用するものというイメージがありますが、最近は室内でも楽しむ人が増えています。

ハンモックとはどんなものを示すのか、またマイホームにおけるハンモックの必要性や、取り付けた時のメリットやデメリットについてまとめてみました。

マイホームに憧れのハンモック!ハンモックとは?設置方法は?

マイホームに憧れのハンモック!

ハンモックとは、もともと南米のような熱帯地方の先住民が使っていた寝具の一種です。

誕生した当時のハンモックは丈夫な樹皮を網状に編んで作られていましたが、現在は頑丈な麻布や紐を使っている物が多く出回っています。

設置方法には2つのタイプがあり、柱や梁に直接、または壁や天井にアンカーボルトを打ち込んで吊るす方法と、自立式スタンドを使って自立させる方法があります。

アウトドアでハンモックを楽しむ人が増えだしたとともに、より一層のインテリア性を帯びたハンモックが人気を集めるようになり、室内でも設置されるようになりました。

マイホームに憧れのハンモック!その必要性とメリット・デメリット

「マイホームにハンモックを吊るしたい!」と憧れる人は多いですが、本当に憧れだけで設置していいものなのか、その必要性が気になります。

それを判断するためにメリットとデメリットを確認してみましょう。

<メリット>

一番のメリットは、寝転がった時の浮遊感と包み込まれるような安心感があることです。

ふわふわと揺れる心地良さがリラックス効果をもたらし、快適な睡眠を確保できます。

また、ハンモックは通気性が良いので夏場に寝ていても蒸れることがありません。

背中の熱が発散され、こもることがないので寝付きが良くなります。

<デメリット>

一番のデメリットは、ハンモックを設置するスペースの確保が必要となることです。

一般的には高さが1.5mから2m、横幅が3.5mから4m、加えて揺れ幅が左右に1mずつくらいのスペースが必要です。

しかもこれは最低限のスペースなので、ハンモックに揺られてゆったりと過ごしたい場合にはもう少し余裕が必要になります。

また、通気性の良さに加え、熱を効率的に逃がす素材で作られているため、暑い時期は快適に過ごせますが、寒い時期に使用する場合には寒さ対策を万全にしなければ、寒くて眠れないということになってしまいます。

まとめ

ハンモックの由来は南米の先住民が使っていた寝具で、現在ではデザイン性の優れた室内用のハンモックも多数販売されています。

メリットとしてはその使い心地の良さから得られるリラックス効果があること、デメリットとしては設置場所にそれなりの広さが必要となることです。

単なる憧れだけではなく、ご自身のライフスタイルに合わせてハンモックの必要性を判断しましょう。

福島市の不動産や住まいに関するご相談なら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産や住まいに関してお悩みの方は、ぜひ当社へお問合せ下さい。

住宅のスペースを有効活用!大注目のファミリークローゼットとは?!

最近の新築住宅の傾向として、間取りに生活動線を意識したものが増えています。

生活動線を意識した間取りは家事がしやすく、時短にもなるため生活がよりよいものとなります。

この記事では、住宅のスペースを有効活躍できると噂のファミリークローゼットについて特集しました!

ぜひ、ご参考になさってください。

住宅のスペースを有効活用!ファミリークローゼットとは?

住宅のスペースを有効活用!

まず、「ファミリークローゼット」とは、その名の通り家族全員の衣類を同じスペースにおく収納の形です。

家族全員分の衣類となるので、住宅の一部に広いスペースが必要ですが、その分各部屋の間取りを広くすることができます。

ファミリークローゼットの設置場所によっては、洗濯物を干してから家族分の衣類の収納をまとめてできて家事が効率的です。

また、同じスペースで着替えなども行えるため時短にもなります。

ファミリークローゼットは、「ウォークインクローゼット」と「ウォークスルークローゼット」の2種類に分けられます。

それぞれメリット・デメリットがありますが、ここでは概要のみご説明いたします。

<ウォークインクローゼットとは?>

「ウォークインクローゼット」は、出入り口が一つで個室のようになっている収納スペースです。

収納力が高くなり、広さによっては衣類だけではなくカバンや帽子などの小物も置ければ片付けも楽です。

<ウォークスルークローゼットとは?>

「ウォークスルークローゼット」は、出入り口が二つありとても風通しがよい収納スペースです。

人が通るため、ウォークインクローゼットよりは収納力が落ちますが、より効率的な動線を作ることができます。

住宅のスペースを有効活用!ファミリークローゼットのメリット・デメリット

ここでは住宅内にファミリークローゼットを設ける具体的なメリット・デメリットをご紹介します!

<メリット>

ファミリークローゼットのメリットは、やはり家事の効率化ができることでしょう。

家族の衣類が同じスペースにあれば、洗濯物を各部屋に配る必要がなくなり、一度に片づけられます。

また、洗面脱衣所の近くに設置をすれば、外出の際の着替えも楽で時短になります。

住宅にファミリークローゼットを設けると、個々の部屋は広くなるため用途に合わせてスペースを有効活用できます。

<デメリット>

ファミリークローゼットのデメリットは、家族全員分の衣類を収納するための広いスペースが必要になることです。

また、着替えや衣類の収納を家族と一緒にすることを嫌がるお子さんもいます。

特に女の子の場合は成長し思春期になることを考え、鍵をかけられるようにする配慮も必要です。

そして、洗面脱衣所の近くに設置した場合、便利な半面湿気もこもりやすいため、換気を行うなどカビやダニの対策が必要です。

まとめ

最近は共働き世帯が多いため、家事の効率化や時短を求める声は増えています。

住宅の新しい間取りであるファミリークローゼットもその有効な手段の一つです。

マイホームの間取りや収納にお悩みでしたら、検討してみませんか?

福島市の不動産に関するお悩みなら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産売却に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

福島の2拠点生活のサポートってどんなもの?デュアラーさんは要チェック!

最近トレンドとなりつつある「デュアラー」と呼ばれる人たちをご存じでしょうか?

都会と田舎の2拠点に生活する場所を作り、行き来する生活を楽しむ人たちのことです。

日頃は利便性の高い都会で過ごしつつ、解放的な田舎や郊外での暮らしにも憧れている人は、こうした2拠点生活を検討してみるのはいかがでしょう。

また、東京からほどよい距離に位置する田舎である福島は、2拠点生活の場として注目されています。

この記事では、2拠点生活の概要や、福島県が行っている2拠点生活サポートやイベントについてもご紹介します。

都会と田舎を行き来する2拠点生活とは?何故増えている?

福島県 2拠点生活サポート

従来の2拠点生活とは、別荘を持つことができる富裕層や時間に余裕のあるリタイア組が楽しむものだというイメージがありました。

しかし、近年増えている空き屋やシェアハウスを活用して、20~30代の若い世代が2拠点生活を楽しむケースが増えています。

2拠点生活を考える理由は

  • 農業やサーフィンなどの趣味を満喫したい
  • 都会の喧騒から離れてゆっくり過ごしたい
  • 自然に触れながら子育てをしたい

など様々です。

共働き夫婦の増加や子育ての利便性を考えた結果、都心回帰・都心一極集中がすすむ現代。

心の余裕を持つ空間を求め、多様な価値観に触れることができる暮らし方として、都会と田舎を行き来する2拠点生活は注目されているようです。

福島は2拠点生活のサポート充実!サポートやイベントに力を入れている?

福島県は首都圏からほどよい距離に位置し、豊かな自然に恵まれていることから、2拠点生活の候補地として注目されています。

福島県も2拠点生活のサポートやイベントには力を入れており、公式サイト内に情報コーナーを設けています。

また、福島県内の地域のキーパーソンと直接話ができる個別相談会や、コーディネーターによるマッチングなども積極的に行っています。

首都圏にお住まいで2拠点生活を考え始めたら、福島県でもサポートやイベントを行っていますのでチェックしてみましょう。

様々なヒントが得られますよ。

このほかにも、地域住民だからこそ紹介してもらえる物件や日々の暮らし情報もあるかもしれません。

2拠点生活を考え始めたら、まずは県のサイト内に設置されている専用ページをチェックしてみましょう。

まとめ

2拠点生活とは、都心と田舎を行き来することで日々の生活の豊かさが増し、満足度が高い生活を送ることができると注目されている暮らし方です。

中でも福島県は東京からのアクセスもしやすく、県でもサポートやイベントに力を入れていますので、福島での「デュアラー」としての生活も検討してみてはいかがでしょうか?

福島市での不動産に関するご相談は、株式会社マルフォートにお任せください。

幅広い物件情報を取り扱っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

福島市の冬の気候は寒さが厳しい?中古住宅のリノベーションで寒さ対策

福島県福島市は東北地方なので冬の寒さが厳しく、一戸建ては寒さ対策が必要です。

今回は、福島市で中古住宅の購入を検討している方に向けて、福島市の気候や寒さ対策のリノベーションのポイントについて解説します。

リノベーションで寒さ対策 福島市の気候

リノベーションで寒さ対策

福島県は東北地方の一番南に位置し、全国では北海道、岩手に続いて3番目に面積の広い県です。

面積の広い福島県は奥羽山脈と阿武隈高地の二つの山系に沿って中通り・会津・浜通りの3つの区域に分類されます。

この3つの区域は同じ福島県内ながら、気候が大きく異なります。

日本海側の会津は厳しい寒さ、太平洋側の浜通りは東北地方の中では温暖な気候、中通りはその中間の気候です。

福島市は福島県北部に位置し、中通り地方に分類されます。

盆地のため夏はむし暑く、冬は冷たい風が吹き積雪もある寒い気候です。

中通りの冬の平均気温は1.4℃、降雪日は59日という寒さなので、一戸建ての住宅も寒さ対策が必要です。

福島市の住宅をリノベーション 寒さ対策のポイント

福島県福島市で中古住宅の購入を考える場合、冬の寒さを考えたリノベーションで寒さ対策をする必要があります。

一戸建てはマンションなどに比べて寒さがダイレクトに伝わるので、床、壁、窓などそれぞれに寒さ対策を施すことで冬でも快適に過ごせるようになります

寒さ対策をすることで、省エネにもなり月々の光熱費を抑えることができます。

<寒さ対策のポイント 床の建材>

冬場に床をはだしで歩いても、平気な建材を選択すると快適です。

一般的なフローリングは冷えやすいですが、無垢材やタイルカーペットであれば冬に裸足で歩いても床の冷たさを感じません。

住宅の床下からの隙間風により床を冷やしてしまうので、床下に断熱材施工することで底冷えを防ぐことができます。

張替えを行わなくても、床下から断熱材をいれるだけの方法もあるので、比較的リーズナブルかつ簡単な工事ですみます。

<寒さ対策のポイント 壁の断熱>

壁の内側に断熱材を入れたり、外側から断熱効果のある塗料を塗ったりすることで壁の断熱をすることができます。

また、土壁や珪藻土壁にすることで、断熱材の役割を果たし保湿効果も高まります。

夏は涼しく、冬暖かい壁になるので盆地の気候の福島市にはぴったりです。

<寒さ対策のポイント 窓の断熱>

窓は開口部なので、家の気密性、断熱性を下げる原因になりやすいです。

窓サッシはアルミサッシよりも木製サッシを選択した方が、断熱性能が高いです。

木製サッシはデザイン性が高くおしゃれなので、リノベーションをされる方の中でも人気も高まっています。

冬の厳しい寒さには、内窓を設置して二重窓にするのも効果的です。

窓の断熱性を改善すると、結露を抑えることができるのでおすすめです。

まとめ

今回は、福島県福島市で中古住宅の購入を検討している方に向けて、福島市の気候や寒さ対策のリノベーションのポイントについて解説しました。

福島市は、夏は暑く冬は寒い気候で、床、壁、窓などの寒さ対策が必要です。

断熱材などを使用することで、月々の光熱費も抑えられるので後々の出費と比較してリノベーション費用を検討しましょう。

福島市の不動産に関するご相談なら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産に関してお悩みの方は、ぜひ当社へお問合せ下さい。

20代でも新築購入できる?頭金って必ず必要?

マイホームを購入するには一般的に頭金が必要ですが、20代で購入を検討する場合はまとまった額の頭金の用意は難しいですよね。

また、マイホームの住宅ローンの返済計画や借入可能額も、頭金がどのくらい用意できるかによって異なります。

今回は、20代で新築購入を検討されている方に向けて、頭金とは何か、マイホームの頭金って必ず必要なのか解説します。

20代でも新築購入できる?新築購入の頭金とは

20代でも新築購入できる?

頭金とは、住宅価格から住宅ローンを差し引いた金額のことで、マイホームを購入するときに現金で支払う部分のお金のことです。

自身の貯金や、両親からの贈与など住宅ローン借入以外に購入費用として現金で用意するお金のことで、頭金の支払いは売買契約から引き渡しの間に行います。

頭金は一般的には物件価格の2割程度が妥当と言われています。

頭金を多く用意することで、月々のローン返済額や返済期間が減ることや、住宅ローンの利息が少なくて済むというメリットがあります。

住宅ローンの借入可能額も増えるので、購入できる住宅の選択肢も増えます。

20代でも新築購入できる?頭金なしでも住宅購入は可能?

頭金なしでの新築購入は、結論から言うと可能です。

20代だからこそ、ローンの返済期間を長く設定できることから頭金がなくでも無理の無い返済計画を立てることができます。

頭金を貯めるために、いつまでたっても住宅購入に踏み切れない間に、希望の物件や土地の値上がりや、金利上昇のリスクもあります。

頭金を貯めた方がトータルの支払い額が減りますが、頭金を貯めている期間の家賃総額の方が高くなる場合は早めに購入に踏み切った方が良いでしょう。

また、頭金なしで住宅ローンをフルで借りることで住宅ローン控除額が多く受けられるというメリットもあります。

住宅ローン控除は、借入当初から10年間の年末の住宅ローン残高から計算されるため借入額が多い方が控除をたくさん受けることができます。

しかし要注意なのが、頭金なしとは言っても初期費用が全くかからないというわけではありません。

初期費用は手付金、仲介手数料、登記費用、ローン保証料、火災保険料など購入価格の3~7%程度のものまとまった費用が必要になります。

さらに、引越し費用やカーテンや家具家電など購入するための費用が必要です。

このようにまとまった初期費用を用意するためには、ある程度の手持ちの現金が必要です。

また頭金が用意できない場合は、ローン返済能力が低いと判断され、ローン審査が通りにくいということもあります。

まとめ

今回は、20代で新築購入を検討されている方に向けて、頭金とは何か、マイホームの頭金って必ず必要なのか解説しました。

20代での新築購入であればローン返済期間を長くとることができるので、頭金なしでも新築購入が可能です。

頭金なしの場合のメリットデメリットを考慮して、無理の無い借入額を検討しましょう。

福島市の住まいや不動産に関するお悩みなら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産売却に関するご相談も受け付けておりますので、まずは当社までお問い合わせください。

約40年ぶりに相続法が改正!そもそも相続法とは?何がどう変わったの?

民法は、人が亡くなった際にその人の財産がどのように承継されるかなどに関して基本的なルールを定めており、このルールは「相続法」と呼ばれています。

実は、そんな相続税が2018年7月に約40年ぶりに改正されました。

今回は、相続法の改正についてご紹介していきます。

相続法の改正での変更点とは?配偶者居住権の導入

約40年ぶりに相続法が改正!そもそも相続法とは?何がどう変わったの?

「配偶者居住権」とは、配偶者が相続開始時に被相続人所有の建物に居住していた場合に、遺産分割において「配偶者居住権」を取得することにより、終身又は一定期間、その建物に無償で居住できる権利です。

つまり、「配偶者居住権」を取得すれば、被相続人が亡くなった後もその建物に住み続けることができるということです。

これは、残された配偶者(おもに夫に先立たれた妻を想定)が安心して生活できるようにするための方策です。

「配偶者居住権」は、完全な「所有権」とは別のものであり、第三者に売ったり、建物を自由に貸したりすることはできません。

その分、「配偶者居住権」の評価額は低くなりますので、配偶者は、自宅の居住を継続しながらその他預貯金などの財産も相続できるようになり、生活が安定するというメリットがあります。

相続法の改正 その他の大きな変更点とは?

大きな変更点は他にもありますので、以下にまとめていきたいと思います。

・婚姻期間が20年以上の、夫婦間の居住用不動産の贈与等に関する優遇措置

婚姻期間20年以上の夫婦であれば、生前贈与を受けた自宅は相続財産とみなされないので、預貯金等の財産をより多く相続できます

・預貯金の払い戻し制度の創設

遺産分割が終わる前でも、一定の範囲内で預貯金の払い戻しが可能になります。

・自筆証明遺言の方式緩和

財産目録については、パソコンでの作成も可能になります。

・自筆証明による遺言書が法務局で保管可能に

つまり、法務局が遺言保管所になるということです。

・遺言の活用

自筆証明遺言の方式を緩和することで、遺言を使いやすくすることを目的とする。

・遺留分制度の見直し

共有常体を複雑なものにしない為のものです。

・特別の寄与の制度の創設

被相続人の介護や看病に貢献した親族は、金銭請求が可能になります。

このように、相続法の改正により、多くの変更点があります。

是非この機会に一度ご確認ください。

まとめ

平均寿命が延びて高齢化社会がますます進展し、社会経済が大きく変化しています。

このような変化に対応するために、相続法の改正では、今までのルールを大きく見直しています。

相続法は、1980年(昭和55年)に改定されて以来、大きな見直しがされてこなかったため、今回の改正では変更点も多く、戸惑う人も出てくるのではないでしょうか。

更不動産の相続は複雑な問題に発展しやすいので、土地や建物などの相続財産をお持ちの方は、ぜひ専門家に相談してみてください。

福島市の不動産に関するご相談なら、株式会社マルフォートにお任せください。

不動産に関してお悩みの方は、ぜひ当社へお問合せ下さい。

Home > Archives > 2020-11